【自宅で出来る】腕立て伏せのバリエーション種目。

誰もが一度はやったことあるであろう腕立て伏せ!!

一番オーソドックスなものは、手幅を肩幅よりも少し広く手をつき、肘を曲げながら地面に身体を近付けていくのが

一番オーソドックスな腕立てですよね。

鍛えられる筋肉は、大胸筋中部、上腕三頭筋(二の腕)、三角筋前部に刺激が入ります。

ここから自宅でも出来る腕立て伏せのバリエーションを紹介していきますね(^^)/

①ナロープッシュアップ

鍛えられる筋肉大胸筋上部(鎖骨部)、上腕三頭筋、三角筋前部

この時のポイントは手幅を肩幅、もしくはそれよりも狭く、肘が開かないように意識しながら地面に

身体を近付けていきます。

大胸筋は3つに分かれていてそれぞれ使い方が違うんです☝

大胸筋上部は肘を下から上にあげるときに使われ、

このナロープッシュアップは、女性にもうれしいデコルテラインがピンポイントで鍛えられちゃいます。

ジムに行けない時は是非自宅で行ってみてください(*^^*)

②レスラープッシュアップ(ヒンズープッシュアップ)

名前がイカついッ!!!!!!!!!!!!!笑

柔道をやっていた方はやったことあるかもしれませんが『すりあげ』です!

通常の腕立てと比べると変則的な動きになります。

先ほど大胸筋は3つに分かれているとお伝えしましたが、大胸筋に満遍なく刺激が入り、上腕三頭筋、三角筋にプラスして、姿勢を保持するのが大変なため背中や腹筋などの体幹部にも効果的です!!

一体どんな腕立てだよッ!!!

お待たせしました。ご紹介します。

 

1.手足のスタンスをやや広めにとりお尻を突き出すように高く上げます。

 

2.斜め前に頭から滑り込むように進んでいきます。

この時に肘も曲げていき、地面すれすれまで頑張ってみてください。

 

3.後ろに押し戻し元の姿勢に戻ります。

見ての通り変則的な腕立てでしっかりきついです。

10回×3set出来れば十分です。

通常のプッシュアップでは物足りなくなってきた方は新たなバリエーションとして行ってみてください。

自宅で行うトレーニングにプラスして、ベースとなる筋力は効率よくしっかりエベレストで鍛えていきましょう!!

 

ダイエットや健康に最も大切なのは食生活の改善です。

ですが、長く健康でいるためには運動が不可欠です。

エベレスト・フィットネスでは有資格者と本格ウエイト設備を用いた本格的な筋トレを!!

退屈なエアロバイクやトレッドミルなどの有酸素トレーニングではなく、パンチとキックを!!

自社カリキュラムでどんな方も上達する喜びを知り、必ずハマっていただけます。

もちろん!ご希望であれば、ご要望に合わせて有資格者による食事指導も行います。

エベレストは、あなたが飽きることなく続けられるフィットネス習慣を提供します!

大人の新しい趣味に、エベレスト・フィットネスを。

あなたを、”動けるスタイリッシュボディ”に私たちがさせます(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA