下っ腹を引っ込める腹筋☆

以前のブログで効率よくクビレを作るにはBIG3と書きました!!

 

今回はそれはもうわかった。と言われそうなので、下っ腹に効果的な筋トレをご紹介いたします。

そもそも腹筋の構造分かりますか??

女性の鍛えらえた腹筋は美しいですね!

 

腹筋は外腹斜筋、内腹斜筋、腹直筋が表層にあり、深層には腹横筋があります。

さらにその奥には、腰椎から骨盤を通過して、大腿骨に付着する”大腰筋”というインナーマッスルがあります。

メディアを通じて深く浸透したいわゆる”体幹”という言葉は主にこの腹部の深層筋群を指しています。

 

この”大腰筋”が下っ腹のポッコリに大きく影響するんです。

大腰筋は主に、太ももを引き上げるときに使われる筋肉です。

スプリンターのウサイン・ボルト選手が、日本人スプリンターの倍ほども発達した大腰筋を持っていて話題になりました(*_*)

この大腰筋、姿勢と骨盤に密接に関係しています。

大腰筋を鍛えなおすことで、姿勢が改善され、内から引き締められることでポッコリお腹がかなり解消されます!!

以前のブログでも腹筋と皮下脂肪の関係については書きました。もちろん大腰筋を鍛えるだけで腹筋が割れたり、みるみるクビレたりといった効果はありませんが、内側から引き締まって”見かけ”が”かなり変わる事は保証いたします。

 

そんな、大腰筋に効く腹筋トレーニングは

⑴レッグレイズ ⑵リバースクランチ ⑶坂ダッシュ 笑  になります!!!

 

⑴レッグレイズ

直角から地面とスレスレまで下ろします。

この時に腰の下に手を置くと、腰を痛めづらくなります。

⑵リバースクランチ

名前の由来通り、ザ・ベーシック腹筋。クランチの逆さバージョン。

鉄棒からぶら下がって行うとより効果的になります。

詳しい内容はエベレストトレーナーに(^^)/

 

⑶坂ダッシュ

先に書いた通り、大腰筋はふと腿を引き上げるときに使う筋肉です。

大腰筋の強化だけを目的に考えた場合、マックスでのスピードでなくていいので、代謝性のストレスをかける為に、20~30秒ほどを目安にダッシュしてみてください。

長い坂道が近くにあったら最高です。

※ダッシュは非常に強度の高いトレーニングですのでケガには気を付けて。

ダイエットや健康に最も大切なのは食生活の改善です。

ですが、長く健康でいるためには運動が不可欠です。

エベレスト・フィットネスでは有資格者と本格ウエイト設備を用いた本格的な筋トレを!!
退屈なエアロバイクやトレッドミルなどの有酸素トレーニングではなく、パンチとキックを!!
自社カリキュラムでどんな方も上達する喜びを知り、必ずハマっていただけます。

もちろん!ご希望であれば、ご要望に合わせて有資格者による食事指導も行います。

エベレストは、あなたが飽きることなく続けられるフィットネス習慣を提供します!

大人の新しい趣味に、エベレスト・フィットネスを。

あなたを、”動けるスタイリッシュボディ”に私たちがさせます(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA