使える筋肉、使えない筋肉はあるのか☆

よく巷で耳にする使えない筋肉。

この使えない筋肉の真相に迫ってみましょう。

 

結論から言うと、実際には”使えない筋肉”というものは存在しません。

世間一般で指されるこの”筋肉は”、骨格筋にあたるもので、関節の角度を変えたり(モーメント)、固定する(スタビライザー)ために存在します。

この筋肉は大きいほど強い力を発揮します。

 

では、なぜ使えない筋肉と言われてしまうのでしょうか。

スポーツ競技などの場面でなんだか動きがぎこちないマッチョ。

”見た目ほど”の期待されるパフォーマンスが出ない場面で、そういった揶揄が飛ぶのではないでしょうか。

 

以前のブログでも登場しましたが、トレーニングには特異性の原則というものがあります。

この”特異性”の原則は極端に言えば、トレーニングによってついた筋肉はその使った角度、動きでしか力を発揮できない。

という事です。アームカールしかしてなかったら肘の曲げ伸ばししか強くならない。という事です。

 

なので、競技アスリートはトレーニングでしっかり筋肉を発達させる筋肥大期間と、それを競技動作に転換する移行期間とに分けるのが一般的です。

また、トレーニング種目の選択もより競技種目に近いものを選択します。

 

競技として肉体美を競うボディビルダーの方たちは、この移行期間を作る必要がないですし、スポーツ動作を意識した種目を選択する”必要性””がないわけです。

本当に極限まで効率よく筋肉を大きくすることにフォーカスしたトレーニングを行うわけです。

”競技””は勝利を目的に行うものですから、最も効率よく筋肥大出来る種目を選択して積み重ねるんです。

緻密な計画を立て、実行し、修正しの繰り返し。

そんなインテリジェンスなボディビルダーの方たちに”使えない筋肉”なんていうのは、とってもナンセンスな発言なんです。

もしボディビルディングという競技が肉体美を競いながら、フリースタイルリフティングを魅せる。なんて競技だったら、ボディビルダーの方たちはあの肉体美でしかも華麗にリフティングするでしょう。笑

すごい大きなマッチョの方がいたら、心から尊敬の念を込めて「デカいですね」と言いましょう。

それぞれ目指す肉体は違うかと思います。最も効率よく筋肉を大きくするボディビルトレーニングは、どんな目標の肉体であってもベクトルは同じでしょう。取り入れる比重はどうであれ。。

 

ちなみに私はMARVEL HEROのウルヴァリンが理想です。 ハルクも、、悩ましいですね!!

ダイエットや健康に最も大切なのは食生活の改善です。

ですが、長く健康でいるためには運動が不可欠です。

エベレスト・フィットネスでは有資格者と本格ウエイト設備を用いた本格的な筋トレを!!
退屈なエアロバイクやトレッドミルなどの有酸素トレーニングではなく、パンチとキックを!!
自社カリキュラムでどんな方も上達する喜びを知り、必ずハマっていただけます。

もちろん!ご希望であれば、ご要望に合わせて有資格者による食事指導も行います。

エベレストは、あなたが飽きることなく続けられるフィットネス習慣を提供します!

大人の新しい趣味に、エベレスト・フィットネスを。

あなたを、”動けるスタイリッシュボディ”に私たちがさせます(^^)/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA