マッチョは鶏肉ばっか食べてるって本当?牛肉に含まれるクレアチンとは?

食楽ウェブさんでも掲載していただいた記事ネタです(^^)/

https://www.syokuraku-web.com/column/31306/

マッチョは鳥のささ身ばっかり食べている。

はい。当てはまるマッチョもいるかもしれませんが、その偏見は少し古いかもしれません。

現代のマッチョに最も食べられているもの。

それは”牛肉”です!!!

牛肉の何が優れているのか、、、

それは”クレアチン”です!!

クレアチンとは筋肉の高強度運動でのエネルギー源となる物質で。

今やアスリートに必須のサプリメントとして定着しています。

高強度でのエネルギー源となるクレアチンですが、それだけでなく筋肉の発達、肥大にもとても効果の高い栄養素であるとわかっています。

私も、最近サプリメントとして摂りはじめてその効果を実感しています。

具体的には筋トレでセットを重ねても出力が落ちなくなりました!(パワーがバテない?)

マッチョが食べてる?!!イメージの鶏肉の場合、このクレアチンはほとんど含まれません。

でも牛肉はカロリーが、、、、

果たしてどうでしょうか、、気になったので調べて比べてみました(^^)/

まずは、マッチョのイメージがしっかり定着している鶏肉のささ身から!!!

ほっとんど脂質は0です。完璧。

ただ、ささみの欠点はその”プリン体”の多さ。

鶏肉ササミ100gあたりの153mgと内臓類に次いでの量。1日の摂取目安が300㎎ですから、250g食べるとあっという間に超えてしまいます。

トレーナーを長くやってきて、我流のボディメイクで痛風になる方を何名か見ましたが、みんな共通して↓

1.飲酒習慣

2.ささ身の大量摂取を行っていた方たちでしたww

ちなみに、鶏むね肉なんかも、、、、鶏肉はどれも他の肉類に比べプリン体が多い傾向にあるので、極端に食べ過ぎるのは一考しなければいけませんね( ;∀;)

 

さぁ!!!牛肉は?!!

 

まずはサーロイン。

100gあたりの脂質量が23.7gと、やっぱり脂質過多になってしまいます。

リブロースや牛タンなんかも似たような脂質量でした。。

では、ヒレ肉なら!!?

おー素晴らしいです!!脂質量が4.8gとやや含まれるもののたんぱく質は20g以上!これは完璧です!

しかも牛肉には前述したクレアチンがたっぷり!筋肥大にはこれ以上の食材はありません!!

ただ、牛ヒレは少しお値段が、、、、

筋肉への投資に糸目をつけなければ、牛ヒレを毎日食べるのが間違いなくベストです!!!

インスタなどのsnsを見てもコンテストなどに出場するボディビルダーが”いきなりステーキ”のダイヤモンドカードをアップしていたり(*^^*)

だから、よくバーベキューを行う外国人たちはあんなに体の大きいんですね( ゚Д゚)

ちなみに、”和牛”はどの部位も残念ながら脂質が多く筋肉に最適とは言えなそうです。。

やっぱりアメリカ人の肉体を作る。”アメリカンビーフ”なんですね!!

栄養について詳しく知りたい方はこちらの記事を↓↓

ダイエットや健康に最も大切なのは食生活の改善です。

ですが、長く健康でいるためには運動が不可欠です。

エベレスト・フィットネスでは有資格者と本格ウエイト設備を用いた本格的な筋トレを!!
退屈なエアロバイクやトレッドミルなどの有酸素トレーニングではなく、パンチとキックを!!
自社カリキュラムでどんな方も上達する喜びを知り、必ずハマっていただけます。

もちろん!ご希望であれば、ご要望に合わせて有資格者による食事指導も行います。

エベレストは、あなたが飽きることなく続けられるフィットネス習慣を提供します!

大人の新しい趣味に、エベレスト・フィットネスを。

あなたを、”動けるスタイリッシュボディ”に私たちがさせます(^^)/

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA