【ジンギスカンは太らない?】なんか聞いたことありません?

ジンギスカンが太らないと言われる所以は大きく2点あります。

1つはカルニチンが多く含まれている。

もう1つは融点が高い

という点です。

うまそー( *´艸`)

まことしやかに囁かれる【ジンギスカンは太らない】

果たして本当なのか、、、

検証していきたいと思います。

⑴カルニチン

そもそもカルニチンとは脂肪をエネルギーとして利用するための”運搬役”と覚えておきましょう。

アミノ酸由来の成分で、体内でも必要量合成されています。

その効果から、カルニチンを摂取すると体脂肪の燃焼を促進してくれる。

と言って数々のスポーツサプリメントから商品が販売されています。

調べてみたところ、、信頼できるスポーツサプリメントブランドのもので、

1日の推奨量が、500㎎~1000㎎となっていました。

つまり、500㎎~1000㎎で上記のような体脂肪燃焼効果が望めるということですね(‘Д’)

 

ジンギスカンだとどんだけ食べればよいのか?!!

ジンギスカンはといえば”ラム肉””です。

ラム肉の100gあたりのカルニチン量は80でした。

つまり、ジンギスカンから充分なカルニチンを摂ろうと思ったら

約1㎏弱!!!!

食べないといけないわけですね。

融点が高い

融点とは脂質が溶ける温度の事です。

この融点が、ラム肉は他の鶏や豚といった肉より高く、だいたい44℃

人間の体温が36・5度ですから、それより融点の高い脂は溶けづらく”ラム肉”の脂は消化吸収されにくい。

ぽい。ですよね。

私も騙されていました( ;😉

脂質が消化吸収されるのは、膵臓から分泌されるリパーゼという消化酵素によって分解されるからです。

酵素で溶けるなら、温度関係なくね?融点関係なくね?!w

そうなんです。融点が高かろうが、低かろうが食べた脂質が多ければ太るってことですね。。

では、栄養成分表です。↓

100gあたりの脂質量が17g。多い、、

あれ?カルニチンを必要量摂るには1㎏食べないといけない。んでしたよね??

ハッキリ言いましょう。

【ジンギスカンは太らない】

【普通に太ります!!!!】

ご理解いただけたでしょうか。ジンギスカンマジックは存在しません。

ほかの食事と同じように、分をわきまえて楽しみましょう。w

ちなみにジンギスカンでよく使われる”ラム肉”のカルニチンは80㎎でしたが、”牛ヒレ肉”にだって50㎎以上、”豚ヒレ”だって30㎎以上含まれていました。

1日を通してお肉をしっかり食べれば、推奨されるカルニチン量は充分に摂れそうですね(#^^#)

ダイエットや健康に最も大切なのは食生活の改善です。

ですが、長く健康でいるためには運動が不可欠です。

エベレスト・フィットネスでは有資格者と本格ウエイト設備を用いた本格的な筋トレを!!
退屈なエアロバイクやトレッドミルなどの有酸素トレーニングではなく、パンチとキックを!!
自社カリキュラムでどんな方も上達する喜びを知り、必ずハマっていただけます。

もちろん!ご希望であれば、ご要望に合わせて有資格者による食事指導も行います。

エベレストは、あなたが飽きることなく続けられるフィットネス習慣を提供します!

大人の新しい趣味に、エベレスト・フィットネスを。

あなたを、”動けるスタイリッシュボディ”に私たちがさせます(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA